IoT活用事例

建設現場全体を可視化し遠隔から管理

業種:建設業
導入製品:MODE Mobility CloudSensor CloudRobot Cloud

課題

  • 建設現場の状況を遠隔から管理したい
    広大な建設現場において、様々なデータを一元管理することで現場の状況を遠隔から管理したい。一部データでの収集が進んでいるがそれぞれ統合できておらず、せっかくのデータを活用できていない。

導入効果

車両・機器・現場作業員からのデータを一元管理することで、遠隔から全体状況を把握することが可能になります。またバラバラでは価値がなかったデータを統合することで、外部MaaSサービスとの連携や、機械学習、BIツールでのデータ利用が実現できます。

ポイント

データをただ取得するだけでなく、エッジ側で処理を行いIoTデータとして使いやすい形に成形できるのがMODE Cloudの特徴です。また通信が不安定になりがちな現場においても取得したデータを時系列できちんと格納することが可能です。

casestudy2.1-1
rie

建設DXを進める上で、現場のフィジカルデータはとても重要になってきます。様々なデータを統合することで監視だけでなく、メンテナンスでの利用や、MaaSサービスとの連携など実現が可能です。

Rie IshiiAccount Sales