IoT活用事例

各工場に分散しているFAシステムのデータを統合する

業種:製造業・工場
導入製品:MODE Factory CloudSensor Cloud

課題

  • 工場ごとに分散しているFAシステムのデータを統合したい
    工場ごとサーバーシステムを持ち、既存のFAシステムでデータを録り続けている。しかし、工場ごとにデータフォーマットが異なるため、本社のデータレイクにデータを統合できていない。これらの分散したFAシステムのデータを統合したいが、通常のIoTシステムへの移行では多大なコストがかかることが課題となっている。

導入効果

各工場のFAシステムにMODE Gatewayを接続し、MODE Platformがデータを中継することですべての工場拠点から生産実績データ、稼働データなどのあらゆるデータをデータレイクに供給することができます。MODEは豊富なIoT実装経験から様々なFAシステムとの柔軟な接続、データレイクへのAPI接続をサポートいたします。

ポイント

製造現場で稼働するPLCなどのIoT化が進んだ影響でIoTを利用したFA化の流れが進んできました。一方で既存の設備をIoT機器に更新するコストが多大であったり、ラインの組み換えが必要であったりとIoT化には大掛かりな作業が必要になる場合があります。MODEの柔軟なエッジ・クラウドシステムを利用することで既存の設備を活かしたまま必要最低限のコストでIoT化が可能です。

各工場に分散しているFAシステムのデータを統合する
muraoka

特に既存の工場をスマート化する場合には設備更新のコストを最小化することも重要ですが、設備の入れ替え等に時間をかけるわけにはいきません。既存の設備をいかに止めずにIoT化できるかがコストパフォーマンスのキモになります。

Masakazu Muraoka Kansai Region Sales Staff