IoT活用事例

事故が起こりやすい地点を分析し交通事故防止

業種:運輸業
導入製品:MODE Mobility Cloud

課題

  • 運行計画や運行経路を最適化し交通事故を防ぎたい
    業務中の交通事故防止のための対策が課題となっている。デジタコ等によるドライバーの安全運転管理を徹底しているが、そもそも現在の現状の運行計画、運行経路が業務に最適なのかどうかがわかっていない。中長期的にそれらを分析して問題点を改善したい。

導入効果

日常業務における速度超過、居眠り運転をはじめとする危険運転の検知・警告機能に加えて、それら全てのデータを記録しBIツール等と連携します。それにより、データ分析に基づいた運行計画の改善が可能です。どの地点で急ブレーキや急ハンドルが多発しているのか?どの時間帯で居眠り運転リスクが増加しているのか?などを多角的に分析することで交通事故防止を図り、安全運行を実現します。

ポイント

MODEはクラウドシステムのため車両ごとに蓄積したデータを毎回回収するような作業が発生しません。すべてのデータはクラウドにリアルタイム蓄積されます。日々の運転状況をレポートすることで、ドライバーの安全講習などのコスト削減、自動化に取り組むことができます。

image-52-1

標準対応センサー:GPS・加速度(位置情報は1秒毎)、加速度(急加速、急ブレーキ、急ハンドル)、ドライバーの生体のセンサー(眠気・疲労)、環境センサー(車内の温度、湿度、CO2、気圧など)

muraoka

運送業での人手不足の中、ドライバーの確保や配車スケジュールの最適化などが優先度の高い課題となっています。コストパフォーマンスのよい仕組みで継続的に安全運転を維持していきましょう。

Masakazu Muraoka Kansai Region Sales Staff