IoT活用事例

居眠り運転をリアルタイムに監視し安全運転を維持する

業種:運輸業
導入製品:MODE Mobility Cloud

課題

  • リアルタイムに居眠り運転を監視し安全運転を実現したい
    人手不足によりドライバーの運転時間が増加し疲労による危険運転・居眠り運転のリスクが増加している。従来からデジタルタコメーター等による安全運転指導を行っているが、さらなる運行管理の向上を図りたい。

導入効果

運転時の位置情報や速度に合わせて居眠り運転の予兆をセンシングし、センター・オペレーターがリアルタイムにモニタリングします。ドライバーの疲労を検知した場合、業務指示や命令による休憩を促すなど事故が発生する前に対策をとることが可能になります。疲労時の業務判断をドライバーに依存させないことで安全な判断による運転業務の安全を維持します。

ポイント

MODEが標準対応しているSleep Busterは、非装着型の居眠り運転警告センサーなのでリストバンド型デバイスなどのようにドライバーに装着の負担をかけず、装着忘れもありません。カメラでの表情認識による居眠り運転とは異なり、脈動音や振動から居眠りの予兆を検知する仕組みをとっています。
image-50-1
image-51-1
muraoka

配送業においてはドライバーの人手不足が深刻化しています。
限られた人材での業務を最適化するため、管制指示と運行の分担を明確にし、ドライバーの責任負担を減らすと同時に安全運転品質を維持します。

Masakazu Muraoka Kansai Region Sales Staff