Seminar

今こそはじめる建設DX
アナログな現場の課題を解決するIoT活用術とは?

こちらのセミナーは終了いたしました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

2022-1-20webinar

■ 建設DXとは

DX(デジタルトランスフォーメーション)を建設現場に取り入れて活用することを「建設DX」といいます。具体的には、ドローンやAIなど、デジタルデータを活用することで、建設現場における様々な課題を解決する動きが建設DXです。テクノロジーの進化、クラウド利用の加速、インターネットサービスの充実が進む昨今、ビジネスを変革する環境が整ってきました。

中でもDXを推進する上で、あらゆるモノがインターネットに繋がり、現実世界の情報をデータとして扱うIoTは、建設業のデジタル化を進める上で欠かせない技術です。IoTを活用することで、建設現場のリアルな状況をデータで可視化し、未来に向けた解決策として活用できるようになります。

■ 建設DXが解決する課題

現在の建設業全般では、以下の様な課題に対する多角的な事業改善が求められています。

  • 人口減少による慢性的な人材不足や技術者不足
  • 事故のない現場環境
  • 高い作業品質、生産性向上
  • 地球温暖化の影響による工事関係者の熱中症リスク
  • 建設現場全体の作業進捗やトラブル発生時の精密な把握の難しさ

IoTを活用した次世代の建設現場では、実際の建設現場に配備した様々なセンサからデータを取得し、それらを一つのプラットフォームで活用することで解決できるようになります。

本ウェビナーでは、これから建設DXを始める方を対象に、建設現場のIoT化を実現するために知っておきたい課題や解決策、最新の建設DX事例、建設DXにおけるMODE IoTプラットフォームの活用方法などをご紹介します。

■主な内容

  • 建設現場におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)トレンド
  • 最新事例のご紹介
  • MODE クラウドソリューションについて
  • 2022年の展望

■このような方におすすめ

  • 建設DXを始めるにあたり情報収集中の方
  • 建設業界におけるDX、IoT活用事例を把握したい方
  • データを活用したビジネス変革の業務をご担当されている方
  • 最新のIoTトレンドを知りたい方
  • スタートアップ企業で働いてみたい方

■アジェンダ

  • オープニング (5分)
  • 「今こそはじめる建設DX -アナログな現場の課題を解決するIoT活用術とは?ー」(20分)
  • Q&A (5分)

■開催概要

  • 開催日:2022年1月20日(木)11:00〜11:30
  • 参加料:無料
  • 視聴方法:Zoomでのオンライン配信
  • 参加人数:最大100名

動画視聴方法につきましては、お申込みいただいた方へのみご案内させて頂きます。

■セミナーお申し込み

以下のお申し込みボタンより、必要事項を記入していただき、送信してください。

こちらのセミナーは終了いたしました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

Presenter's Profile

Takashi-Profile

石原 隆史

MODE, Inc.
事業開発ディレクター

大学卒業後にブリティッシュ・エアウェイズへ入社し空港勤務を経てIT業界へ転身。米国スタートアップなどのテクノロジー企業で事業開発を約15年務めたのち、日本オラクルを経て2021年にMODEへ入社。事業開発担当としてIoTプラットフォームの普及に努めています。