セミナー情報

センサーメーカーの提案力向上には
すぐにつながるクラウドがポイント?
センサー×クラウドで生まれる価値とは

こちらのセミナーは終了いたしました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

20221117

■ セミナー概要

近年、業界を問わず幅広い分野でIoTサービスが日本でも広まりを見せています。IoTサービスを実現するためにはセンサーの活用が不可欠であり、センサー選定はIoTサービス実現の一歩として非常に重要な要素となります。

一方でエンドユーザー側のセンサー選びの基準も複雑化しており、ハードウェア単体での選定だけではなく、いかにデータを可視化し活用できるかまでを含めて選ぶ傾向にあります。センサーメーカーはデータを可視化できる状態を含めた提案が他社との差別化ポイントになりつつあります。

MODEではすぐに接続することのできるクラウドを提供しており、多くのセンサーメーカーとパートナーシップを組み、多くのセンサーデータの可視化の支援を行っております。

このウェビナーでは、MODEがセンサーメーカーをどのようにサポートしているかをご紹介いたします。

■主な内容

  • センサーとIoTの関係
  • MODEクラウドソリューションのご紹介
  • MODE センサーパートナープログラムのご紹介
  • 事例紹介

■このような方におすすめ

  • センサーメーカーの皆様
  • センサーを活用したIoTサービスを検討されている方

■開催概要

  • 開催日:2022年11月17日(木)13:00〜13:30
  • 参加料:無料
  • 視聴方法:Zoomでのオンライン配信

セミナー視聴方法につきましては、お申込みいただいた方へのみご案内させていただきます。

■セミナーお申し込み

下記フォームよりお申込みください。は必須項目となります。

こちらのセミナーは終了いたしました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

Presenter's Profile

Yuta-Profile

加藤 友太

MODE, Inc.
アカウントセールス

製造業向けのソフトウェア営業を経験した後、IoTサービスの販売やIoTプラットフォームの販売など幅広く経験しMODEに入社。現在はMODEプロダクトの拡大に向けて製品の魅力の発信から、お客様に合わせた提案まで幅広く活動しています。