Seminar

【30分でわかる】スマートシティ×センサー

スマートシティにおけるセンサークラウドの活用セミナー
〜センサーデータの統合で価値を創出〜

こちらのセミナーは終了いたしました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

2021-07-29webinar

■ スマートシティにおけるセンサーとそのデータの活用方法

スマートシティとはセンサーやIoTなどを活用し、効率的に管理運用してくことが重要であると思います。MODEでは創業当時からセンサーからのデータ収集に力を入れてきました。この度スマートシティにおけるセンサーのデータ収集とデータ活用について、ご紹介させていただきます。

■主な内容

  • スマートシティとセンサー、センサーデータの関係
  • MODE Sensor CloudとFiware OSとの連携
  • センサーデータやビデオデータの活用法

■このような方におすすめ

本セミナーは、以下のような技術者様、サービス企画者様を対象にしております。

  • IoTのデータの活用に興味がある
  • センサーだけでなく、動画データの収集を行ないたい
  • アラート発生時の状況を記録し、問題解決に活用したい

■ アジェンダ

  • オープニング (5分)
  • スマートシティにおけるセンサー・クラウドの活用方法 (20分)
  • Q&A (5分)

■開催概要

  • 開催日:2021年7月29日(木)10:00〜10:30
  • 参加料:無料
  • 視聴方法:Zoomでのオンライン配信
  • 参加人数:最大100名

動画視聴方法につきましては、お申込みいただいた方へのみご案内させて頂きます。

 

■お申込み方法

以下のお申し込みボタンより、必要事項を記入していただき、送信してください。

こちらのセミナーは終了いたしました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

Presenter's Profile

muraoka

村岡 正和

MODE, Inc.  関西地域セールススタッフ

大手SIerでシステムエンジニアを経験後、10年以上フリーランスエンジニア/コンサルタントとして働く傍ら、地元神戸のIT企業の役員としてIoT、AI、ウェアラブルデバイスなどの新規事業を立ち上げる。長年クラウドシステム開発社として培ったソフトウェア・クラウド技術視点でのIoTサービスを提案することが得意。また、国内で黎明期のHTML5技術をリードしたエンジニアの一人であり現在もWebアプリケーションプログラマーとしてソフトウェア開発に携わっている。ソリューションアーキテクトとして主に西日本エリアのIoTビジネスコンサルタント、カスタマサイドエンジニアリングを担当している。