Plant Edge Cloud

5G時代を見据えた工場・産業設備のデジタルトランスフォーメーションのためのクラウド

プラント設備の状態やプロセス性能を可視化
事故の防止や生産性の改善を支援

発電所、石油化学・製鉄プラントなど広大な敷地でのデータ収集は困難を極めます。さらに車両はフリート管理システム、機器はメーカー提供のシステム、従業員は管理システムとデータが分散化しデータを収集できないことが課題となります。MODE Plant Edge Cloudでは場所・機器・人にとらわれずデータを収集し、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援いたします。

選ばれる理由

009
オールインワンパッケージ

センサー/PLCとの接続が可能なGatewayを設置するだけでエッジコンピュータやクラウドへデータ収集

5
プロセス性能評価

リアルタイムにデータを構造化し、目的に応じたアセットの管理やプロセス性能指標を生成

OTA_Update
障害監視/予兆監視

データをローカル処理できる基盤を提供することで、障害通報や異常予兆を検知。迅速な事故の防止や設備メンテナンスを実現

Security
安心のセキュリティ

デバイスセキュリティ対策、デバイス管理・監視をサポート。MODEクラウド以外からの操作をすべてシャットアウト

柔軟にカスタマイズ可能なサービスアーキテクチャ

車両・機器・人など様々なものに対応可能な柔軟なソリューション。データ設計からシステム開発までMODEが一元して貴社のデジタルトランスフォーメーションを支援します。また必要にあったエッジコンピューティングの配信機能を提供し、プラントの自動化を支援します。

活用用途

化学プラント、製鉄プラント向けで様々なところで活用が始まっております

Central Monitoring

中央管制管理

今までは現場ごと問題を管理してきました。デジタルトランスフォーメーションを行うことでデータ集中管理することで効率的な運用・メンテナンスを実現します。

Remote

遠隔制御

遠隔での車両操作のためのライダーやカメラデータの収集を5Gを見据えたでデータプラットフォームとして超高速、高頻度なデータを欠損なく収集できます。

Edge

エッジコンピューティング

MODE IoT G/Wや5Gで提供されるMECなどを活用したエッジコンピューティングが可能。ファームウェア管理・配信機能で実現します。

MODEで提供している技術的な事例・アーキテクチャ