IoT活用事例

スタッフの活動量を計測して業務を効率化する

業種:医療機関・運輸業・建設業
導入製品:MODE Sensor Cloud

課題

  • スタッフの作業効率を上げたい
    スタッフの作業の無駄を省き作業効率を上げたいが、効率化計画のために指標となるデータがない。また、シフト業務での労務管理が難しく体調を崩すスタッフが増加しているため体調管理も行いたい。

導入効果

作業時の負荷にならない小型ビーコンや体温計測パッチを装着し、スタッフの活動量、体調データを継続的に記録蓄積することで作業エリアごとの作業時間、移動量、体調の推移を観測します。スタッフごとの体調不良、不定愁訴などの予兆となるようなデータの変調から気づきを得ることができます。

ポイント

小型のウェアラブルデバイスを活用することで日々の作業量の推移、状態の変化を得ることができます。状態の変化を集計し作業者の作業傾向をつかむことで今まで判断が難しかった現場の作業計画変更をデータドリブンで合理的に決定することができます。

エッセンシャルワーカーの活動量を計測して業務を効率化する
muraoka

パッチサイズの体温センサ、血糖値センサ、靴に仕込むビーコンなど。作業者のストレスにならない安価なウェアラブルセンサが普及してきています。これらを活用した自然なセンシングで労務負担を軽減する環境づくり、雇用の安定化につなげましょう。

Masakazu Muraoka Kansai Region Sales Staff