IoT活用事例

施設内の混雑度を把握し効率よくスタッフを配置

業種:商業施設・公共施設
導入製品:MODE Sensor Cloud

課題

  • 施設内の混雑度を把握し効率よくスタッフを配置したい
    店舗内の特定の場所がよく混雑しているため常にスタッフを配置して混雑に対応している。混んでいないときにはスタッフの配置が必要ないが、いつ混雑するかわからないので常にスタッフを配置していなければならない。

導入効果

センサーを組み合わせることで、特定エリアに現在いる人の人数や人流を計測したり入退場の状況を監視します。そのエリアの混雑度を可視化し、クラウド経由でスタッフに共有することで対応業務を効率化します。広範囲な店舗の監視をセンサーで一括化することでコストパフォーマンスを上げスタッフの労務軽減につながります。

ポイント

人流検知の導入は、場所の特徴ごとにどのような方法でセンシングするのかが重要なポイントです。実用的な精度で計測するためには1種類の計測方法ではうまくいかないケースがほとんどです。MODEではプライバシーに配慮した複合的なセンシングや、ケースに応じたデータ収集方法をご提案します。

image-42-1
muraoka

限られたスタッフで店舗を運営している中で常に混雑状況を把握し臨機応変に対応することは困難です。広範囲な店舗の監視をセンサーで一括化することでコストパフォーマンスを上げスタッフの労務を軽減しましょう。

Masakazu Muraoka Kansai Region Sales Staff